パーキンソン病やむずむず脚症候群に効く!


ムクナ豆がパーキンソン病やむずむず脚症候群に効く!

販売HP:自然食品のムクナ豆(八升豆)【たっぷく本舗】

販売価格:2,477(税抜き)

 

皆さん、こんにちは。

リッチな人生に不可欠な健康美を追求する、

ふく です。

普段は健康食品は診断しませんが、

今回は、人間と環境の大注目株の到来なので特別に。

本日の診断は、ムクナ豆 です。

 

剥くな?無垢な?向くな?  まめ・・・?

nn

あまり耳にしない豆ですよね。

ムクナ豆は日本での知名度は高くありませんが、

うまく収穫出来るとその量がとても多いことから「八升豆」と呼ばれ、

江 戸時代頃までは西日本を中心に栽培され品種改良も進んでいました。

しかし、栽培期間が 長く豆自体がとても固く調理が大変なことから、

日本ではすたれてしまい現在はあまり栽 培されていません。

しかし、近年になって驚くほどの栄養素が多く含まれているために

注目されるようになったのです。

東京農工大学 大学院教授 藤井 義晴氏が会長をしている、

研究・普及活動をされている団体まで、あるんです。

ムクナ会

では、そのムクナ豆はどのような効能があるのかご説明します。

やはり、その最大の特徴は Lドーパが多量に取れるということです。

パーキンソン病の方はLドーパが不足で症状の重症化が出やすいので、

パーキンソン病の方には、とても有効だと臨床で結果が出ているようです。

「パーキンソン病」の症状である

(筋肉が硬直して動きにくく、歩けなくなる、身体が満足に動かせない)

などの緩和には「Lドーパ」と「フェニルアラニン」「チロシン」が

効果を発揮します。

また、「むずむず脚症候群」の症状緩和には

「Lドーパ」「フェニルアラニン」「チロシン」と「鉄分」が

効果を発揮します。

また、必須アミノ酸の宝庫と鉄分の多さで、健康食品の中では

群を抜いています。

ムクナ豆は他の豆類と同様に、

鉄分・タンパク質・炭水化物・脂質・ミネラルを含んでいます。

その中で鉄分の含有量の多さは他の食物と比較しても顕著です。

また、豆のさや、葉、豆にはセロトニンの集積も見つかっています。

 

また、ムクナ豆に含まれる

ロイシン、イソロイシン、バリン総称BCAA(分岐鎖アミノ酸)

も人の健康に重要な役割を担います。

フェニルアラニン・ロイシン、イソロイシン、

バリンの総称BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、

スポーツ時に定番の「アミノバイタル」の有効成分が含まれています。

そのアスリート向けのアミノバイタルPro

の成分量と比べますと、100g中ですと

なんと、凄い!

magnifier1_doctor

ムクナ豆のほうが上回っていますね~。


アミノバイタル プロ 30本入箱

価格:3,445円

天然成分のほうがカラダにいいし、人口甘味料の(アステルパーム)なども

アリもだべない神経毒として噂になってますから、

運動時にもムクナ豆のほうが良さそうです。

energy_drink

そして、こんな効果も報告されています。

・瀬川病に効果報告。

・うつ症状にジワジワ効果が表れる。

・カラダを温めたり、動きを良くしたりする効果。

・疲れやすさを解消。

なんとも、これまた良いこと尽くめですが、

今後は研究も進んで、医療の場に普通に登場してくるかもしれませんね。

 

しかし、ムクナ豆を取らないほうがいい方や注意必要な方もいます。

・パーキンソン病等でL-ドーパ(レボドパ)の薬を服用している人。

  (取りすぎになるため調整が必要です)

・妊娠中の人

・乳幼児

・透析を受けている人

・抗精神薬を服用している人

 (ドーパミンが出過ぎるため相談が必要のため)

気を付けて2

 

なのですが、成分が濃密なために気をつけなくていけない

病気もありますので、気をつけてください。

 

そして、またまたムクナ豆栽培自体にもいいことが!

・除草剤の代替品としての利用

・土壌保全や肥料としての利用

・将来の食糧危機の救世主

いいね

いやいや、

今後の世界に環境にも優しく人体にも優しい食品として

貢献していただきたい食品ですね~。

 

販売HP:自然食品のムクナ豆(八升豆)【たっぷく本舗】

販売価格:2,477(税抜き)

コメントを残す

このページの先頭へ