酵素玄米作ってみました!

皆さん、こんにちは。

リッチな人生に不可欠な健康美を追求する、 ふく です。

今回の診断は、実食!酵素玄米 です。

food_gohan_ochawan

酵素玄米がどんなものかは、

寝かせ玄米

編でお伝えしましたが、

実際にネット上には、多くの方がレシピも載っています。

記事1

私は、玄米は家で通常に食べていますから、

実際に自分で作ってみることにしました!

今回のレシピは、

*雑誌ELLEオンライン版編と、

*クックパッドの酵素玄米レシピ人気レシピ

の2種類を試してみました。

2つの違いは、とぎ汁をそのまま使うか否かが大きな違いです。

他のレシピは、玄米・小豆・塩の量が多少の違いがある程度です。

他に圧力鍋や炊飯器、土鍋編などがあります。

*雑誌ELLEオンライン版編 は、

研いで⇒浸して⇒炊く⇒かき混ぜて寝かす

*クックパッドの酵素玄米レシピ は、

軽く研いで⇒8分間かき混ぜ⇒炊く⇒かき混ぜて寝かす

(玄米・小豆・塩・水を泡だて器で右回りに8分間かき混ぜる。)

この、かき混ぜたとぎ汁を使うかどうかが、

酵素玄米レシピでの2大派閥ですかね。

8分間かき混ぜてとぎ汁使用レシピは酵素玄米健康法

大家?本家?元祖?

hatena

だかイマイチ・・・分かりませんが、

酵素玄米健康法道場のような?

こちらのレシピが元になっている模様です。

長岡式健康法

最初に雑誌ELLE編の手間がかからない製法で。

次にクックパッド人気レシピ編を試してみました。

完成の見た目は、差ほどどちらも同じです。

雑誌ELLE編↓

IMG_20160307_185136_290

クックパッド人気レシピ編↓

IMG_20160318_071509

で、実食した酵素玄米食べた感想は。

確かに普通の玄米よりパサパサ感はなく、食べやすいです。

そのままオカズ無しでも、けっこう食べれちゃいます。

個人的な意見は、出来上がりとしては、

やはり手間をかけた甲斐があるのか?

クックパッド人気レシピ編

に軍配が上がりました!

発酵速度も速く、モッチリ感もちょっと上回っていた感じです。

とぎ汁も使うほうが、発酵が上手くいくのではないかと推測されます。

発酵過程は、こんな感じです。

炊きたて↓

IMG_20160313_185632

1日経過↓

IMG_20160315_075809

2日経過↓

IMG_20160316_080008

3日経過↓

IMG_20160317_072225

4日経過↓

IMG_20160318_071509

徐々に発酵されて、色が濃くなるのが分かると思います。

皆さんも是非!お試しされてください。

しかしね~。

まる3日間以上は炊飯器が使えませんからね・・・。

家に炊飯器が2台ないと3日以上は炊き立てのご飯が

食べれません・・・。

mark_face_cry

その場合は、

寝かせ玄米 で、

ご紹介したレトルトパックを購入するか、↓




新たに炊飯器や保温器を買うしかないですね・・・。

う~ん、私も酵素玄米用に、これがとても欲しくなってきた。


高圧力炊飯器

もちろん、炊飯器も大事ではありますが、

どうせ食べるなら、安心・安全なものの方がいいですよね。

私の住んでいる地域でも、完全無農薬の玄米を探すのは、

ちょっと大変です。

大手スーパーには置いてはいないですから、

大手の自然食品ショップでも減農薬が主流です。

幸いにも、近くに昔から自然食品を扱う有名な店が

ありますので私は苦労せずに買えますが、

お近くにないような方は、アマゾンなどのサイト

でも買えますので、どうぞ。

Amazon無農薬玄米

小豆だけだと少々マンネリになるので、このような雑穀もいいですね。

玄米も買えますよ。


【生きている玄米】

通販でも無農薬雑穀などは購入出来ますので、

参考にどうぞ。

Amazon無農薬雑穀

ということで、玄米酵素は

お勧めの健康美食品ですので、

是非とも持続して続けられることをお勧めします!

Dr1

コメントを残す

このページの先頭へ