男女の産み分けが簡単に!?

皆さん、こんにちは。

リッチな人生に不可欠な健康美を追求する、 ふく です。

 

産み分けゼリー

って、知ってますか?

食べ物???

簡単に言いいますと、

男女の産み分けの確立を高めるゼリーです。

食べ物ではなく、性交時に使用する潤滑ゼリーのようなものに近いですが。

女性が女の子を産みたい時

又は

男の子を生みたい時に使用するものです。

え~っ、、、それだけで・・・?

そんな事が可能なの?

と思いますよね。

最初のお子さんは、あまり性別を望むことが少ないかもしれないですけど。

2・3人目となると、

どうしても欲が出て、

女の子が欲しい

男の子が欲しい

と、なってしまいがちでしょうか?

赤ちゃんの性別の分かれ道は?

男性の精子の染色体によって左右されます。

精子の染色体には「Y染色体」と「X染色体」の2種類があり

Y染色体の精子が卵子と受精すると 男の子

X染色体の精子が卵子と受精すると 女の子

・男の子: Y染色体精子はアルカリ性に強く、酸に弱い

・女の子: X染色体精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い

ということになっております。

 

そこで酸性とアルカリ性理論での世の産み分け方法は、

・排卵日の直前は男の子、2日前は女の子

・精子の量が多いと男の子・少ないと女の子

・膣内の挿入や移動距離

・女性の気持ちよさで変わる

など・・・

結構な面倒さです。

夫婦関係も面倒になりそうですね・・・。

そんな面倒な事?

をしない産み分けゼリーは膣内に挿入して、

酸orアルカリ性を高めることで

男女の受精をさせやすくするものなのです。

 

 

産み分けゼリーの使い方は商品によって少し異なりますが一般的には、

男の子が欲しい場合は「グリーンゼリー」

女の子が欲しい場合は「ピンクゼリー」

膣内にゼリー入れて、酸性、アルカリ性にすると聞くと

母体や、生まれてくる赤ちゃんに影響がないのか?

と、心配になる方もいらっしゃいますね。

男女の産み分けの産み分けをサポートするクリニックもありますし、

産み分けゼリーの成分は自然由来のものがほとんどです。

国産のものであれば、ぼぼ体に有害な成分は使われていません。

海外製のものでは成分表示無しのものあるので、

なるべくなら日本製が良いでしょうね。

一般的な使い方は、

1.ゼリーを40℃前後のお湯で溶かす

2.1回分のゼリーをのシリンジに取る

3.膣内にゼリーを深く挿入

4.注入後5分ほどで性交渉を行う

 

では、肝心の産み分け率ですが、

70~80%の確立と言われる事もあります。

何もしなくともほぼ、50%ですから・・・2・3割増しということ?

しかし、第三者機関調査ではなく自社調査が多いですから

これよりは確率は低いと思ったほうが無難かもしれませんね。

絶対の効果は期待できないとしても、

確立は上昇するので使ってみるのは良いですよね。

ということで!

国産産み分けゼリーを3商品ほどピックアップしてみました↓




【ベイビーサポート】すべて日本製の大人気潤滑ゼリー

安心・安全に徹底的にこだわりぬいた産み分けゼリーです。

100%天然成分のゼリーはもちろん容器、袋、外箱まですべて日本製という特徴があります。
産み分けの成功をサポートするために「精子活動最適成分」を含有し
1本の内容量が日本人に最も最適といわれる量4.5mlとなっています。




妊活カップル応援潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】

新しい発想から生まれた潤滑ゼリーです。

妊活中、不妊治療中の方など多くの方に利用していただける潤滑材です。
また大きな特徴としてph値を調整し狙った性別の妊娠率をあげる「産み分け」
が可能となります。




産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー

産婦人科医と共同開発し、管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーです。

なぜか?ピンクだけなのですけどね・・・

 

 

まっ、生まれてしまえば、どちらでも可愛いんですけどね~。

コメントを残す

このページの先頭へ